2011年1月28日金曜日

モーリー・ロバートソンさんの講義を中継(ダイアローグ研究会)


作家田口ランディさんと東北大学名誉教授の北村正晴先生の呼びかけでスタートした「ダイアローグ研究会」の第3回。毎回撮影でお邪魔させていただいておりますが、回を重ねるごとに盛り上がってきていると感じます。タイトル通り、対話について毎回考えていくのですが、まぁ、要するに「対話って何?」とか「対話を成立させるには?」ということに答えなんてないわけです。答えなんてみつかりっこないのに毎回考える。ランディさんが「よい対話とは何かという答えをみつけるのは難しいけど、それについて皆で考え続けることそのものが重要、それが考えるということ」というようなことを以前発言されていたんですが、確かにそういう感覚は忘れてたなーと。結論が出ないこと考えるなんて無駄だしやらない、と最近は決めてたんですが、ランディさんに「そういうのはだめよ!」と一喝されたわけです。

今回、ダイアローグ研究会としては初のネット生中継をいれてみました。ダイアローグ研究会がスタートする前の打ち合わせで、「ネットでの『対話』もひとつの対話だと思うので、ネット中継やりましょう」というようなことを言っていたのですが、第3回目にして実現しました。ニコニコ生放送とUSTREAM同時中継。中継やりましょう! という決断が前日だったので、ほぼ告知なしでしたが700名を超える視聴がありました。

後日録画版も公開予定です。