2010年11月12日金曜日

sengoku38氏を救う方法

sengoku38氏を救う方法について考察します。
他に有効な方法があればご意見寄せてください。
Twitterアカウント @getnewsjp  Googleメール
みなさんのご意見をまとめて随時追記しています。

----------------------------------------------------------
■方法1.関係大臣に抗議
本件に関係する官房長官、国交大臣、法務大臣に抗議します。基本的には電話での抗議をおこない、大臣に考え方を改めてもらいます。

役所(○○省とか)に電話しても”絶対に”取り次いでもらえないので、議員会館に直接かけます。各議員の部屋の番号は公開されている情報ですし、衆議院の代表番号から取り次いでもらうことも可能です。
代表番号: 03-3581-5111
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm

抗議の内容は「そもそも政府が情報公開していなかったことの方がおかしい。sengoku38さんを無罪放免し、あなたがたが辞職してください」等という形になるかと思います。

結局、いちばん早道なのは大臣の考え方を改めてもらうこと。各議員の主義主張もあるかと思いますが、どのような意見があるのかを大臣に直接知らせ、またその意見が大勢を占めるということを認識してもらえれば、機を見るに敏な、感覚の鈍っていない政治家であれば国民の声に耳を傾け、考えを改めてもらえる可能性が高まります


----------------------------------------------------------
■方法2.地元の民主議員に抗議
民主の衆議院議員に直接メッセージを伝えます。地元の事務所や会館事務所に電話し「このような対応では、次の選挙では絶対民主党には入れません」等というような自身のメッセージを伝えます。
これは特に若手議員(当選回数が少ない議員さん)には有効な手段で、永田町でがんばって活動してくれることも期待できます。

Yahoo! みんなの政治から、衆議院、民主党でしぼりこんであなたの地元の議員を探し、ホームページから連絡先を調べることができます。インターネットって便利ですね。

Yahoo! みんなの政治
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/


----------------------------------------------------------
■方法3.無効等確認訴訟
政権側の本件に関する現在の戦略は、本来の問題である「政権がおこなった情報隠蔽」からどう国民の目をそらすか、という点に集中しています。問題のすり替え先としては「情報管理の徹底」「秘密保全の重要性」などとなっていますが、これらの動きを牽制する必要があります。

この、そらされた視点を本来の問題「政権による組織的な情報隠蔽」と、それが国に与えた損失などに引き戻す手段のひとつとして、なんらかの訴訟を起こすという方法があります。

例えば、「そもそも、内閣がビデオを秘密扱いし、馬淵大臣が海保内で流出させないよう指示したこと自体が、憲法違反である」ということで、指示の「無効等確認訴訟」を提起します。

マスメディアは日和見ですから、政権の誘導に素直にしたがって、見せたい方へ報道が傾く可能性があります。それを阻止するための方法のうちの一つです。


以上


追記:
==============================
この問題に興味ありそうな人に、以下の簡単なアンケートやってます。
みなさんの考えを教えてください。


質問:
1) sengoku38氏はどう処遇されるべきだと思いますか
2) sengoku38氏を救うとすればその方法は?